映画「密偵」

日本統治時代の韓国において日本の警察として働く韓国人と独立を目指す韓国人…というのが興味深かったので、年末にがんばって映画館に行ってきました。

韓国で日本の警察として働くジョンチュル(ソン・ガンホ)は、独立運動を行う義烈団のリーダー、ウジン(コン・ユ)に近づくが、逆に義烈団団長(イ・ビョンホン)から二重スパイになることを要請される。職務のために動くか、同朋のために動くか。

 

こんな人におすすめ

・スパイ戦のドキドキ感を楽しみたい

・拷問のグロさに耐えられる(これ重要)

・そこはかとないブロマンス

 

ということで。ごめん、これ一番言いたいんだけど、最初に出てくる義烈団のメンバーでジョンチョルの上海時代の友人、ジャンオク役のパク・ヒスンが、私のアホな目にはイ・ビョンホンに見えていて、義烈団団長が出てきたときに「あれ?死んだんじゃなかった??2役?双子?」とか思っていたので、そこでだいぶ攪乱された。自分が悪いんだけど。

まあ、スパイ戦とか拷問のグロさが際立つのですが、これやっぱブロマンスとして見るべきだよなあと。

ジョンチョルが韓国人にもかかわらず日本の警察として生きるのは、上司であるヒガシ部長に認めてもらったと言う気持ちがあるからなんだけど、ヒガシは彼を疑って、(おそらく)日本に帰化したハシモトを重用しはじめる。そのうえ、ジョンチョルは上司の命令のため、昔の友人ジャンオクを死なせてしまう。ここらへんの、「認められたい」「救いたい」という承認欲求と貢献欲求のやりとりが、どうもブロマンスっぽいなと思える…。

だから、ウジンと恋人ゲスンの悲劇は、ちょっと横に置いときますね(笑)

あと、ヒガシ部長を演じた鶴見辰吾さんはその後、相棒スペシャルでも悪役だったので「またお前か!」感がすごかったです、いや鶴見さんは悪くないんですけど、悪役がうますぎですよね。

 

まあ、別に言うほどびっくりする展開でもないんですけど、そこはかとないブロマンス感を楽しみながら、日韓関係に思いを馳せるといいんでないかと思います。

 

映画「オリエント急行殺人事件」

灰色の脳細胞、エルキュール・ポアロが走行中の列車、オリエント急行の中で起こった殺人事件を解決する。まあ、そういう映画です(雑)。

 

こんな人におすすめ

・ミステリの古典、アガサ・クリスティーの名作を映像で見たい

・豪華な俳優陣を楽しみたい(特にジョニデの使い方が贅沢)

・このトリックを最初に考えたクリスティー、マジチートって言いたい

 

もう、名作「オリエント急行殺人事件」が見たいっていうただそれだけの目的で見たんですけど、最終的に、「なるほどー」っていって終わった。乗客と被害者の関係性がぼろぼろ出てくる、のでそのたびに「へー」って言ってた。一番心に残ったのは「雪崩怖い」だった。

面白くなかったわけではないんです、が、へー、って感じだったんですよね…。

おしまい。

 

映画「ハートストーン」

アイスランドの少年たちの青春もの。大親友のソール(ちびっこ)とクリスティアン(大人っぽい)。ソールに気になる女の子が出来て、クリスティアンはそれを応援しつつも、複雑な感情があり…。という話。

 

こんな人におすすめ

アイスランドに興味がある(自然豊かで治安も良く、ごはんのおいしい観光に最適なところですよー!よければ、Loonaハスルちゃんのlet me inという曲のMVもどうぞ!

[MV] 이달의 소녀/하슬 (LOONA/HaSeul) "소년, 소녀 (Let Me In)" - YouTube)

・北欧の美少年好き

セクシュアルマイノリティの成長過程における問題を考えたい(重く言い過ぎかもしれないけど、でもそういうこと…)


個人的に不満な点をはっきりいうと、長い!

どこまでが導入なんだろう…と思いながら見てた。事件が起こるまで、ほんとうに淡々としたアイスランドの子供の生活が続くんで、ややダレました。今は起承転結のどこなん…と思いながら見た。

さて、それと正直に言うと…主人公たちの年齢がよくわからなかった。
おねしょしちゃうくらいの年かと思えば、ふつーに性的な興味もあるし…。何歳の子供を見る気持ちで見たら良いのかかなり迷子になり、ちょっと混乱した。まあ迷子でも別に見れるけど。

アイスランドのとにかく荒涼な自然のなかで、どうやって大人になったら良いのか。田舎における性規範(クィアフォビア、結婚と出産を経て性を手放すべき、など)の内化と同時に、性への関心が高まるという時期。自分が規範と異なる感情を持っていたら、どうしていいかわからない苦悩があるし、友人にとって自分が予想もしない恋愛対象だったら、相手が嫌いじゃない分、どうしていいかわからない戸惑いがあるよね…と、そこらへんがごくまっとうに描かれている気がします、そのへんは国が違ってもそう変わらないような。

個人的には主人公の姉(絵とか詩とか作ってる子の方)が興味深く、たぶん彼女は性嫌悪でLGBTアライ(というか、腐?)なんじゃないかな…。

まあ、ぶっちゃけると個人的には萌えなくてですね。なんだったら、これからソールが大人になってクリスティアンと再会することになったら萌えるかもな。えっ、萌えとかいう観点で見るな??結果的には萌えとかいう観点では見なかったので安心してほしい。

風景は非常に美しかった、とにかくこれがアイスランドかあと思いながら見たらいいんじゃないかと、個人的には思いました。

 

映画「22年目の告白 -私が真犯人です」

もともと、韓国のオリジナル版「殺人の告白」がすごく好きで(萌え的な意味で)、リメイクされると聞いて絶対見ようと思ってた。

 

こんな人にオススメ
・ミステリ好き
・どんでん返し好き
・猟奇キャラ萌え


ということで。韓国版も日本版も見て思ったのは、「どっちもそれぞれにしかないいいとこがある」。
ぶっちゃけ、ミステリとしてのすっきり度は日本版の方があると思う。韓国版が「お前誰?」だとすると、日本版は「お前かーい」(見た人はわかるはず…)。
韓国版のいいところは、ユーモア(やりすぎカーチェイスとか)と、あと遺族のやりきれなさ。正直韓国版の犯人のやり口がクズすぎて、辛くなります。だからこそ、この犯人に立ち向かう主人公たちを応援する気持ちが深まる。

あと、「犯人と名乗り出たキャラ(こいつは本当に犯人か?それともコピーキャット?というのがテーマなのであえてこう書く)」(日本版では藤原竜也、韓国版ではパク・シフ)と刑事(日本版では伊藤英明、韓国版ではチョン・ジェヨン)の関係性萌えに関して言うと、


断然!韓国版。

 

と言いたい。日本版で萌えてる人もいるから、そこに萌えはあるんだとわかるんだけどさ~何と言っても韓国版が萌えなのでほんとマジみて…。


萌えポイント①

パクシフ救出作戦→遺族に誘拐されたパクシフを刑事が救出しにいくの、最後のメモまで含めて萌えだから見て…。

萌えポイント②

最終的に刑務所の前のシーンとかマジ結婚してとなるから見て…。

萌えポイント③

藤原竜也には愛する人がいるかもしれんが、パクシフにはいないので、どう考えても刑事のことが大切、的な妄想でいっぱいになれるので見て…。

萌えポイント④

パクシフのボディーガードが「もう警護いいです…」といわれたとたん泣き崩れそうな勢いを妄想できるので見て…。

 

って、ほぼほぼ妄想じゃねーか。

 

ところで、日本版は真犯人(が藤原竜也かどうかはおいといて、)の独白を聞きながら、この人もしかしてゲイなのかな?という疑問を持った。セクシャリティが不明なキャラなんで。そんで「ある人」への執着が爆発してるかなり病んだ人なので、病みキャラ萌えの人にはたまらないと思う。ベストオブ萌えキャラを進呈。ただぜったいに報われないので、こっちは闇の腐しか萌えないと思う。光の腐の人は韓国版見てね!(宣伝)

ということで、個人的にはどっちもどっちで萌えるので、ぜひどっちも見たうえで、どっちが自分にあってたか考えてほしい。順番は韓国版→日本版がいいかな、日本版の方がミステリとして出来がいいので。
ということで、腐目線で2017ベストおすすめ!

 

2017M-1 クィア考

2018年になっていまさらですが、備忘録として連続アップだよ!

まずは2017のM-1

 

ジャルジャルの福徳さんのM-1での様子がエモいと大評判ですが、そんな福徳さんが「誰も傷つけない笑いをやった」と言ってたらしいので、急遽えむわんクィア考をやらないといけないと思い立った。(前置き長い)
ちなみに、ここでのクィアは「LGBT」「セクシャルマイノリティ」のみをさすものではなく、広く「奇妙な」「風変わりな」とされるものを、「どう笑ってきた、笑っているのか」という観点で見ています。とはいえ基本は単なる感想だよ!あといわゆる腐的な嗜好がちょいちょい漏れてるよ!




ゆにばーす「泊まりの営業」
初見のコンビ。川瀬名人のキャラ好き!「エムワン優勝したら芸人やめる」というほど尖ってて、「性欲ない」とか自称してて、自分のファンだった女性を彼女にしてるっていう…。中身が普通に真面目な好青年を予感させるところもいいね!(良さが伝わりにくい、表現下手かよ…)
南海キャンディーズ感(ツッコミ男性に特異な才能があり、ボケ女性の特異なキャラが活かされてる)があるんだけど、彼らより仲が良さそうというかほのぼのしてる?かな?
普通にめっちゃ面白かった。男女コンビでよくある恋愛ネタじゃなかった、って大吉先生がラジオでおっしゃってたのですが、ほんとそれ。一階という設定を忘れかけた最後にオチとして効かせててうまいなー。
そして川瀬名人がはらちゃんをこきおろしてても、コントと違って二人がそれぞれの素という設定なので、二人ってこんな関係なのねーと見れるというか。セクシズムを感じなかったですね。男女で同じ部屋に泊まるという設定でここまで性的な香りがないのすばらしくて、そういう点でも好き。ある意味、男女に性的な関係を持ち込まないってポジティブな意味でクィア(異質)かもしんないとか思ったり思わなかったり。これから注目したいです。


カミナリ「一番強い動物」
うーん、と。たぶん、ボケの内容は面白いんだよ。「熊突き落とすやつが強い」「警察は裸のお前を捕まえに来てる」とか。ただ、なんかテンポが悪く感じてのれなかったなー。「うん?」ってとこあった気がした。「自衛隊にハンマーのイメージ無い」とかも、まあ、言われてみれば…。くらいの反応になってしまった。でも「自分が悪いのに叩いちゃダメだよ」は好き。そう来たか。ネタ的にはひたすら動物のこと言ってるので、クィア批判なところは無かった気がする。あと、上沼さんに「どつくのは必要?」と批判されたカミナリが待機席で映されたときに逆になでなでしてたの笑ったし萌えた。


とろサーモン「旅館」
ボケの久保田さんがところどころ何言ってるかわかんないんだよな(意味じゃなくて、聞き取れない)。ツッコミの村田さんはすごく滑舌がいいんだけど。このネタは正直、あんまり好きじゃない。久保田さんを「こんな女将おるか!?」と言うのもよくわかんないし、床にチャーハン落ちてるのもよくわかんない。自分の常識にピンと来ない。続行継続は好きだけど、この手のメタな漫才(漫才のお約束を裏切る)が新しいわけでもないし…。とりあえず「どんな女将がいないのか」ルッキズムその他を想像させている気がしてしまいます(遠回し)。


スーパーマラドーナ「合コン」
田中さんがコントに入って、武智さんがその世界に入らずに突っ込んでいくスタイル。いちいち田中さんが失礼で空気が読めないというボケなのだが、なんか毒気のあるボケがツッコミで中和しきれてない気がする。私だけかも。しかしそもそもがルッキズムの塊のようなネタだし(そもそも題材からして)、オネエのテンプレ的表現もアレだし、そういう観点からいうとモヤモヤするネタです。ツッコミの武智さんがうまいから笑わせられちゃうと思うけど。


かまいたち「怖い話」
あ、これ山内さんのキャラ使うやつ(と私が思ってるやつ)。顔を指差されるのにビビらないシーンとかほんと怖い。私の中の山内さんが、あれ。漫才だから本人のキャラなの当たり前だけど。
私はこれ、特に前半がすごく好き。怖い話にイライラする、という山内さんの指摘はほんとその通りなので。でもなんか、終盤は卍にハマるかハマらないかになってる。クィア関連的には、卍を額に刻んでる大男、というイメージの使い方に若干の違和感を覚えるかな。


マヂカルラブリー「野田ミュージカル」
久しぶりに見たけど、初っぱなから「のーだーです」をちゃんと入れてきててしみじみした。私たぶんすごい好きなシュールだと思うんだけど、序盤を真剣に見てないと世界観に入りきれなかった。クィア的にどうこう思うこともなく、今後逆に売れてくれたらいいな。


さや香「うたのおにいさん」
初見のコンビですが、あー、ね!このノリ好きだわー。なんか、さらば青春の光のコントにときどきある、ピュアな東口さんを見てる感じ?(あちらの方が毒に満ちてるけど)  ピュアだから仕方ない!みたいな。もうとにかくノリでつっぱしってるんだけど、微笑ましくて笑っちゃう。ただ歌歌ってるだけだし、クィア的に思うところは無し。これからも注目したいです。


ミキ「漢字の書き方」
去年くらいから名前をよく聞いて、人気あるかんじがしてました。でもちゃんと見たのは初。純粋なしゃべくり漫才ツッコミのお兄ちゃんの滑舌がやや悪いなーって気がするんだけど、ボケの弟くんが聞き取りやすいからまあいっか。「書いてるから見て!」のくだりを何回もできる心臓の強さ。体で漢字かいてたらいいかんじにダンスっぽくなるあたりとか、すごい発想だなーと思った。ひたすら漢字かいてるのでクィア的に思うところは無し。


和牛「ブライダルプランナー」
和牛の不条理、正直イラッとしなくもないんだよな…。和牛って今回唯一の完全なコント漫才でしたね。他のって、少なくとも片方は素を残したり、素の二人の会話を結構入れてるんですよね。とろサーモンはちょっとコントに入ってたけど。で、まあ序盤の伏線を終盤で回収するパターンなんだけど、ことごとく新婦の言うこと聞いてないウェディングプランナーに腹立ってしまう。面白いんだけどね。ジョブズとかすごいけどね。クィア的にはこの時点ではセーフ。しかしプランナー仕事しろ。


ジャルジャル「校内放送」
いとおしい…(ちょう主観的で関係無い感想)。あのくっそくだらない(好きな人すみません)「オバハン」のネタをキングオブコントでやったときからある意味変わらないと思ってたら、冒頭で述べたみたいな方向性に変わっていたことに驚いています。ぶっちゃけ言うとジャルは推してるのです。でも彼らの方向性がコントなのかなあと思ってたので、まさか漫才を追求する気があったとは、そんでもって冒頭みたいなことを考えてたとは…。だって、オバハンオバハン言ってたり、「角刈りのくせにクラスの中心になろうとするやつ」みたいなコント作ってるコント師なんですよ?でも、そういうの作っていろいろ言われたことで思うところあったのかもしれない…。正直、あの、ネタとしてはめちゃくちゃ面白いかは微妙なんだけども、でもほんとに教室でアホやってる学生感がすごく好きで、そんで、「よしよしすんな!」って言ってた後藤さんが最後、「こんなに頑張ったんだからちょうだいよ!」って自分からよしよし求めにいくオチ、めちゃくちゃ良くない?ものすごい萌えじゃない??もうこのオチだけでお腹いっぱい。好き。関係無いけど、昔番組で買ったおそろのスーツかわいい。黒Tとカーキパンツのコント師とはまたちょっとイメージが違っていいよね…。
点数が奮わずに「審査員こしょばしたら点数延びます?」とボケる後藤さんと、「お前…よう今ボケれんなあ…」と涙目でつぶやく福徳さんの関係性に視聴者も胸を打たれる人続出。ブロマンス好きな人はさ!ここ!ここだよ!(広報)ネタも、クィア的になにも言うことはないです。


最終ラウンド
とろサーモン石焼き芋
これは…神ネタだろうね…。イモガミ様すごすぎる。スムーズにイモガミ様の不思議世界へ連れ込まれている。ひたすらネタがすごい。これは真似できないわ。オチは意味わからんかったけど。クィア的な観点は…どうだろ、宗教批判的なところかな?(でも特定の宗教じゃないしなあ、大丈夫かな)
そんでね、とろサーモンって高校の同級生なんですって。ジャルジャルもだけど。でもNSCの同期になれなかったせいでコンビは組まずにいて、久保田さんが何十組とコンビ解散してから改めて村田さんに手紙を書いてコンビ組みたいと言ったらしい。その前に一度村田さんは申し出を断っていて、その理由が「俺は久保田を甘やかしてしまうから」だったという話はホントですか!?なにその萌える話。同級生コンビに弱い。ネタ関係無い。


ミキ「スターウォーズ
ものすごい畳み掛けるようなボケとノリボケとツッコミの応酬。すごいよなー。名札付きのワルとか、すべてのテーマ曲が暴れん坊将軍に導かれてしまうとか。もうあまりにもボケが多くて一個一個が思い出せないのが難点かもしれない。そういう意味では、そんなボケある!?的な斬新さはなかったのかもしれない。クィア的な観点は特に無し。


和牛「旅館」
和牛のネタって水田さんがモラハラーだ、という指摘を見かけて、ははあなるほど、と。イヤーなかんじだよね。だいたい高圧的な客というのは、既に権力勾配を感じさせますからね。女将がメンタル強いから面白い範囲になってるけど、ほんっとに感じ悪いですよ、水田さんの役柄。それにしても二人とも演技力が高いから面白いんだよねー。これ、コントじゃなくてコント漫才であることの特色なんだけど、役柄にそった服装や見た目をしない、小道具を使わない、という漫才だからこそ想像力をかきたてられるのがコント漫才としてのすごさであって、これをコントでやったらまた違うのだよねー。とりあえず、モラハラダメ絶対だよ!


ということで。最終的に、素の二人がしゃべくりをするのが基本の漫才と、役柄に入り込んでストーリーを演じるコントでは、圧倒的にコントの方にクィア的な要素とそれへの蔑視が入り込みやすいのだと思った。(蔑視が無いのならクィアを扱うのも個人的には大歓迎なんだけど。腐をネタにされても内容によっては別にいいし…。)
だから、それを突き詰めたら二人が言葉遊びをするというジャルジャルの方法に至ったのかもしれないけど、誰も傷つけない笑いはもうちょっといっぱいあるんだと思う…。
今回のエムワンいっぱい面白かったけど、おジャルのネタすごい萌えるし、おジャルがそもそも萌える二人なので、これからも期待してる…。って、そこかい。

 

 

2018年あけましておめでとうございます!

今週のお題「2018年の抱負」

これ、今年はもうちょっとこまめにブログに記録していきたいなと思います…せめて週1くらい。

映画

観劇

美術

音楽

…の記録をしていくつもりですけど、ライブの記録はいろいろあってちょっとしないかもしれない、しするかもしれない…。

 

とりあえず2017年のやり残しを急いでアップする新年です。

本年もよろしくお願い申し上げます。

映画「新感染」

封切り前から日本語タイトルのしょうもなさに話題が集まっていた韓国のゾンビ映画「新感染~ファイナルエクスプレス~」を(めっちゃ前に)見ました。もちろん新幹線にかけてあるのです。元タイトルは「釜山行き」。

こんな人にオススメ

パニックホラー大丈夫だけど、やっぱストーリーも大事だし
親子の絆ものに弱い(コンユと子供とか組み合わせとしてずるい)
ゲーム好き

お話は、ソウルにすむ仕事人間の父が、離婚して釜山に暮らす母に会いたいと幼い娘に頼まれ、釜山行きの列車(新幹線みたいなもん)に乗るところから始まります。しかし同時にソウルはゾンビの襲来にあっており、列車に乗っている、まだ生きている人間たちは、ゾンビに侵されていない釜山を目指して列車を走らせて行きます。ただし、その列車にもゾンビが一人乗り合わせてしまったという災厄付きで…。

とにかく、ものすごい、娯楽映画としてすごい!息もつかせぬ!退屈ぜんぜんしません。だって安心できないんだもん。ゾンビ増殖するんだもん。重要な人物もどんどんゾンビになるので、終わったら鬱になること間違いなし。世界の終わり感が半端ありません。
ついでにこの原因が人災なのでまた鬱度高い。人間どうしようもねーな。

エンタメとしてはゾンビVS人間でお約束の展開がいっぱいですが、「列車内」という細長い密室ならではのゲーム的展開も楽しめます。

そして泣けるゾンビ映画という前評判通り、うまくいかない父と子の関係、利己的な父の考え方が少しずつ周囲と状況の影響を受けながら変わっていくところはかなりグッと来ます。こういうことがないと本当に大切なことに気づけないのかと思うと悲しいですけど…。
しかも父を演じているのがコン・ユさんなので、映画「トガニ 幼き瞳の告発」を見た身としては幼子とコン・ユさんの組み合わせきっつい。となったよ!

しかし、この作品は南北問題を象徴してるんですよ!という解説を見てほほー、となりました。確かに災害は北からやってくるし、南(釜山)でなんとか災害を食い止めようとしてるのです。なるほど。


まあなんにしても、息もつかせぬ娯楽映画をみんなで見たい、しかも最後怖かったーだけじゃなくてちょっぴり心動かされるのがいいな、ってときにぴったりの映画ではある。ちなみに私はラストシーンで泣いてる。(ちょろい)